まゆゆ、パッツンもショートもキュート♪初舞台のミュージカル「アメリ」で主演 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

まゆゆ、パッツンもショートもキュート♪初舞台のミュージカル「アメリ」で主演

更新

アメリのトレードマークである“パッツン前髪”のウイッグをつけてお茶目にポーズを取る渡辺  昨年大みそかにAKB48を卒業した渡辺麻友(23)が、5月18日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕する米ブロードウェーミュージカル「アメリ」(6月3日まで)で舞台初出演&初主演を飾ることが22日、分かった。2001年に大ヒットしたフランス映画のミュージカル版。卒業後初の大きな作品で、女優として新たな一歩を踏み出すまゆゆは「今の私に出せる全ての力を注ぎたい」と気合十分だ。

<< 下に続く >>

 昨年末でAKBを卒業し、女優として歩き始めた渡辺が、世界的に有名な同名フランス映画のミュージカルで新境地を開く。

 卒業後初仕事となる「アメリ」は、フランスで最も権威のあるセザール賞で4冠を獲得した大ヒット映画が原作。パリ・モンマルトルを舞台に空想好きで内気な女の子・アメリの日常と恋を描いた物語だ。

 映画版は日本でも興収16億円を突破。フランスの実力派女優、オドレイ・トトゥ(41)が演じた主人公の“パッツン前髪”や大好物のクレームブリュレは社会現象に。昨年4月には米ブロードウェーでミュージカル化され、世界中の注目を集めた。日本版の製作が決まり、主演に抜てきされたのが渡辺だ。

 製作側はフジテレビ系「戦う!書店ガール」でのお嬢様役やテレビ朝日系「サヨナラ、えなりくん」の恋多き女など渡辺の幅広い演技力に着目。「無垢な少女と大人の女性の魅力を併せ持った非常に稀有な存在。日本版のアメリは彼女しかいない」と太鼓判を押す。

 もともとミュージカル好きの渡辺は「ブロードウェー上演作品の主演に抜てきというお話をいただき、目が飛び出るほど驚きました」と感激。初舞台に挑むにあたり、昨年7月と今年1月に多忙な仕事の合間を縫って渡米した。

 「ミス・サイゴン」など12作品のミュージカルを鑑賞するなど気合たっぷりで「今の私に出せる全ての力を注ぎ、全身全霊で務めさせていただきたい」と宣言。正統派アイドルが本格女優への一歩を踏み出した。

★ミュージカル「アメリ」

 想像力は豊かだが、周囲とのコミュニケーションが苦手なパリジェンヌ・アメリのキュートな姿を追ったロマンチックコメディー。モンマルトルのカフェで働くアメリは、周りの人々を観察して日々想像力を膨らませては楽しんでいたが、不思議な青年・ニノに出会って恋に落ちる。日本版の演出は元宝塚歌劇団演出家、児玉明子氏が担当。大阪公演は6月7~10日に大阪・森ノ宮ピロティホールで。

ランキング

PR