勉強1日19時間!苦節6年…カンテレ林アナ、超難関「社会保険労務士」合格 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

勉強1日19時間!苦節6年…カンテレ林アナ、超難関「社会保険労務士」合格

更新

難関の社会保険労務士試験に受かった林弘典アナ。合格発表は妻の中島めぐみアナと一緒に見に行った(カンテレ提供)  苦節6年…合格率6・8%の壁を突破した! カンテレの林弘典アナウンサー(40)が難関の社会保険労務士試験に合格したことが20日、分かった。保険や労務の規則や書類作成に精通し、採用から退職、さらには老後の人生設計まで、企業の“人”に関する問題のスペシャリスト。2012年から猛勉強して挑戦し続けてきた努力が実り、ついに合格した喜びを語った。

<< 下に続く >>

 「ニュースを自分の言葉でわかりやすく伝えられるアナウンサーになりたい」

 林アナはこの思いを胸に、さまざまな勉強に取り組み、これまで気象予報士(2006年)、ファイナンシャル・プランニング技能士(2級、09年)、防災士(15年)の資格を取得してきた。

 近年、ニュースで年金問題に触れることが多く、「いまの知識では視聴者に十分伝えられない」と痛感。“社会保険労務士の資格を持つ林アナ”のほうが、説得力と信頼が得られると一念発起した。

 社会保険労務士は、労働保険、社会保険に関する法律を専門的に取り扱う国家資格者。老後の年金を含む生活設計の相談にも応じる、企業の就労者についての専門家だ。林アナは12年、資格取得に向けて勉強を開始した。

 多忙なアナウンサー業務と並行し、最初の3年間は独学、その後3年間は専門学校で学んだ。通勤時間の往復1時間も勉強に費やし、「どんなに忙しくても参考書を開いて勉強する、6年間課した“ルーティン”でした」と振り返る。

 休日も朝5時から夜まで勉強。試験直前の夏休み期間中は集中して、1日19時間も猛勉強した。年1回の試験で、8科目同時に基準点を超えなければ合格できない。総合点では合格ラインを超えながら、1科目だけ1点足りず不合格になったことが3年続いたことも。ショックのあまり「(同資格を)目指してしまったこと自体、後悔する気持ちが出てきたこともあった」とあきらめようとしたこともあった。

 「毎日頑張ってきたんだから、結果が出るまでがんばろう!」。最初の受験後の12年10月に結婚した、同局の後輩、中島めぐみアナ(30)が励まし支えてくれた。今年8月27日、6回目の試験でついに悲願達成。今月10日の合格発表も夫婦2人で見に行き、喜び合った。

 林アナは、同資格を生かして「労働問題、年金問題について、視聴者にわかりやすく伝えていきたい」と意欲満々だ。

社会保険労務士

 労働時間や労働災害、雇用などの労働保険分野や、年金、介護保険、健康保険などの社会保険分野を専門に扱う国家資格。書類作成や手続き代行、アドバイスなどに応じる。林アナが受験した6年間の同資格試験の合格率は、2012年が7・0%、13年5・4%、14年9・3%、15年2・6%、16年4・4%、17年6・8%。

林 弘典(はやし・ひろのり)

 1977(昭和52)年7月7日生まれ、40歳。埼玉県出身。早大卒。2001年関西テレビ入社。ニュースや報道番組を中心に担当。現在は「FNNみんなのニュースWeekend」(土、日)、「FNNスピーク」(土)、サッカー、ラグビー中継など。妻は同局の中島めぐみアナ(30)。1メートル80。B型。

ランキング

PR