【ぱいぱいでか美のパンティーライン】毎日イベントのシングルリリース週に気付いた当たり前のこと - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【ぱいぱいでか美のパンティーライン】毎日イベントのシングルリリース週に気付いた当たり前のこと

更新

ソフマップさんでのイベント!3日前くらいからプチ断食したらお腹がへこみました。よかったー。  推しメンのことが好きすぎて過去の名場面を引用し「粉まみれでも笑っていて」という歌詞を書いたら、また推しメンが粉まみれになっているところを見れて「私信や!」と思いました。ヤバいヲタクです。こんにちは、ぱいぱいでか美です。

<< 下に続く >>

 いやあ、めちゃイケのももち、可愛かったですねぇ……。ヘアメイクのもっちゃん、あんな可愛いメイクさんいたら鏡越しに一生見てしまいますねぇ……。

 はい。というわけで「私信や!」と思ってしまった(というよりそう思わせてくれないかという心の落ち着かせ方)こちら側が最大の私信でしかないでお馴染みの、ももちに捧げるラブソング『桃色の人生!』、いよいよリリースになりましたーーー!!!やったーーー!!!!

 『PPDKM/桃色の人生!』という形で両A面でリリースした一枚。コラムでも何度もシングルの楽曲について語らせて頂き、サンスポにインタビューも載せて頂き、ありがとうございました。先週の日曜日から始まったリリースイベントも昨日ひとまずの区切りを終え、リリース週を駆け抜けました。

 ハロプロショップ秋葉原店さんを皮切りに、都内中心にタワーレコードさん、HMVさん、ソフマップさん、ヴィレッジヴァンガードさんを周り、、毎日連続でイベントがあるのは久しぶりのことでした!

 リリース週の醍醐味ですね。毎日来てくれた方はもちろん、一箇所でも来てくださった方ももちろん、何となく私のことを考えてくださった方まで、本当に感謝です。

 今週末には名古屋大阪と行きますし、月末には福岡もあるので、遠方の方はもう少しお待ちくださいな。是非来てくださいね。

 そんなわけで昨日が一区切りということもあり、大変リラックスした状態でのイベントとなりました。

 というのも、更にその前日はソフマップさんでのイベントだったのです。体型的な意味で緊張感を持っていたのですが、それがイベント後に弾けてしまいました。そんな状況のところに昨日はトークゲストに友達の姫乃たまちゃんが来てくださり、女版吉田豪と言っても過言ではないくらいの「聞き出す力」を発揮してくれて、こちらも心を許しているので話しまくってしまい(笑)

 かと言って私のファンもたまちゃんのファンも、あらゆるファンの中でもきっとものすんごく優しい部類の方々なので受け入れてくれて、おばあちゃん家で親戚みんなが話を聞いてくれているような、はたまた病院でカウンセリングを受けているような、そんな気持ちになってしまいました。いやぁ、いい日だったなぁ。パイプ椅子に座ってイベントをしたんですけど、マッサージチェアみたいでしたからね、マジでマジで。そんなレベルの癒しですよ皆さんって。

 先週も書きましたけど、やっぱ聞く力って強いなぁ……。そういう意味では私はファンの方に一生敵わないと思います。

 リリース週を通して当たり前のことに気付きました。大袈裟に気付くほどのことでもないのかもしれないけれど、歌うのって楽しいな、ということでした。

 私が一応公式に(事務所的にも私的にも)使っている肩書きは「タレント」で、バラエティに出させていただいたりこうしてコラムを書かせて頂いたり、音楽以外にもいろんな活動をさせて頂いてます。もちろん歌うのも好きだけど、他のことも大好きなので、それがしっくりくるしこれからもいろんなことしていきたいなぁという感じでタレントという肩書きを使っております。人からの付けられる肩書きは基本的に何でもいいんですけど、こちら側から出す時はタレントを使っています。ミュージシャンっていうのは何だか恥ずかしいし、アイドルというのもおこがましいし。ハイパーメディアクリエイターではないし。

 それでも今回、一ヶ月程前に『桃色の人生!』『PPDKM』両作共にMVを公開して、リリースイベントではc/wの『言いたいことはありません』も含めて新曲を披露し、少しずつ曲が広まっていく中で、楽曲への反応があることは本当に嬉しかったです。私個人じゃなくて曲への評価というものが嬉しかったです。あ、私個人への評価ももちろん嬉しいのですが!

 そしてライブで歌ってまた反応があって。ステージで歌わせてもらうまでの間に、制作やイベントスペース、お客さん、自分、といろんな過程や要素が含まれてきますけどどれも欠けてはいけない、全てがあってこその歌うという行為だと実感しました。きっと一個でも欠けたらその歌は楽しくなくなっちゃいます。

 朝見た占いが最下位で、電車でリュックの上に肘を置かれて、衣装で買ってきたストッキングは伝線して……今日はライブもうまくいかないんじゃないか、大丈夫か私?!と思っていても、ステージに立って歌い出すと、突然全ての要素が私へ戻ってきて楽しくなっちゃうのです。

 歌う場があることは当たり前じゃないんだけど、だからこそ当たり前にある「歌うのが楽しい」という原点に立ち帰れたような気がしました。

 こう見えて結構考え込みやすいんですよ!私はぱいぱいでか美という学生時代のあだ名をそのままノリで芸名に使うような楽観的な人間ですけど、反面、そういう部分もあるのです(笑)

 だからしょっちゅう「え、私もしかして仕事好きじゃないかも……?」「いや、好きだろ……めちゃ好きだろうが……」という自問自答を繰り返します。その度に漫画『ピューと吹く!ジャガー』の登場人物ポギーさんの名言「大好きだから大嫌いにもなる……そこまで悩んだり苦しんだりできる事が他にいくつある?何よりも大切にしている証拠だよ……」という言葉を思い出しているのですが……。

 今回のリリース週はそう言った意味でもたくさん考えることはあれど、歌う楽しさを再認識した日々でもありました。

 ほんと、繰り返しになっちゃうけど何か一個でも欠けたら楽しくないと思います、きっと!

 だから今回のリリースに関わってくださった全員、買ってくださった聴いてくださった全員、気にかけてくださった全員にありがとうございます!を言いたいです。

 ありがとうございます!!!!!!!!!!!!

 そして曲はリリースして終わりではないので。今回産まれた3曲を大きくしていくためにこれからも大切に、真摯に、誠実に、楽しく歌っていきます。

 ぱいぱいでか美をこれからもよろしくお願い致します!

 【今週のパンチライン】

 「でかさんの現場は安心してやってます」

 リリースイベントは普段のライブなどとは違ってその場でCDを買ってもらったり、CD購入の特典会などがあるので流通スタッフの方にも来て頂いています。ほぼ一週間共に、私とマネージャーさんと流通スタッフの方は過ごしますし、前作からお世話になっている担当の方なので、昨日は一区切りということもあり打ち上げをしてもらいました。

 その中でその流通スタッフのKさんが言ってくれたのがこの一言でした。

 私のヲタク(あえてこの呼び方をします)は本当に優しいんですよ。来てくれるだけで十分なのに何をすれば私が喜ぶか私の助けになるかとかすごく考えてくれていて。コールを考えてスケッチブックに書いて来てくれたり(笑)

 私がまだまだなので、そもそもの規模が小さいということもありますけど、本当に平和なんです。ぱいぱいでか美現場って。

 インストアイベントは基本的にフリースペースで観覧無料ということもあり、スタッフさん側にもいつもとは違った緊張感がきっとあります。でも、何か大きな問題が起きたことってないんですよ。それはきっと先陣切って盛り上げてくれているヲタクから、とんでもなく優しいオーラが出てるからだと思うんです。それが初めて見に来た人にも伝わっているんじゃないでしょうか。もし私の現場の雰囲気を突破して荒らしにくるような人がいたら、もうその人は単純に空気読めてないだけですね(笑)自由にはしゃぐのと荒らすのは違いますからね、、!

 前作のリリースイベントが最後のときも、Kさんは嬉しいことを言ってくださってそのときもこのコラムでパンチラインとして書かせてもらったのですが、また心に残る嬉しいことを言ってくださいました。

 私が私のヲタクのことを信頼してるのは当然ですけど、それが周りのスタッフさんにまで伝わって同じ想いで現場を受け持ってくれているって本当に幸せなことですね。

 これからも平和で穏やかなスケブ現場をみんなで作り上げていきましょう!(笑)

ぱいぱいでか美

1991年5月3日生まれ。三重県出身、O型、おうし座、桃色。一度聞いたら二度と忘れられない名前と、「言うほどでかくないがそこそこでかい」おっぱいを武器に、場所を選ばず大活躍。日本テレビ「有吉反省会」への出演、大森靖子プロデュース楽曲の発表やゲスの極み乙女。の幕張ワンマンライブへのゲスト出演、はたまた週刊プレーボーイでの水着グラビアなど、ジャンルやメディアにとらわれず神出鬼没。

ランキング

PR