強姦罪は「強制性交等罪」に、被害者に男性も 今国会成立目指す - SANSPO.COM(サンスポ)

試合速報:

野球速報 サッカー速報

強姦罪は「強制性交等罪」に、被害者に男性も 今国会成立目指す

更新

 強姦罪の法定刑の下限を懲役3年から5年に引き上げ、起訴するために被害者の告訴が必要となる「親告罪」の規定を削除する刑法改正案が3月上旬に閣議決定される見通しとなったことが27日、分かった。政府は今国会での成立を目指す。現行法の強姦罪は被害者を女性だけとしているが、改正案は男性も含め、名称を「強制性交等罪」に変更する。

<< 下に続く >>

 強姦致死傷罪の法定刑の下限は懲役5年から懲役6年に変更。これにより法定刑が同じになるため、集団強姦罪と集団強姦致死傷罪は廃止する。

 同じ現場で強姦と強盗をした場合はどちらが先かによって法定刑に不均衡があったが「無期または7年以上の懲役」と重い方に統一する。

ランキング

PR