SANSPO.COM for mobile

NMBの異才りりぽん、念願の哲学者デビュー!「夢の第一歩です」

試合速報へ

試合速報: 野球速報 サッカー速報

NMBの異才りりぽん、念願の哲学者デビュー!「夢の第一歩です」

更新

念願の哲学者デビューを果たす須藤凛々花。頭脳派アイドルの活躍に期待!=大阪市(撮影・甘利慈)  NMB48の須藤凛々花(19)が初の著書「ドリアンと哲学」(幻冬舎刊)を3月30日に発売することが20日、分かった。デビュー時から「哲学者を目指す」と公言していた異色アイドル“りりぽん”が、念願の哲学者デビュー。「生きるということ」「愛するということ」などをテーマに考察しており、「自分の考えは出し切った」と凛々しく胸を張った。

 AKB48グループが初めて実施した2013年の「ドラフト会議」で、1位指名に3チーム競合の末デビューした“大物”が、哲学者としてもデビューを果たす。

 「夢の第一歩です。こんなにも早く実現するとは思わなかった。感激です!」

 サンケイスポーツの取材に大喜びのりりぽん。ドラフト会議時から偏差値67で特技は勉強、将来の夢は哲学者とアピールしていた。小学生のころからニーチェ(ドイツ)らの哲学書を図書館で読んでいたほか、中学時代に「日本語」という授業を受け、「おもしろい」とのめり込んだという。

 昨春に哲学書出版のオファーが届いた。気鋭の社会学者、堀内進之介氏(38)との対話篇と自身のコラムを軸に構成し、「生きるということ」「愛するということ」など5つのテーマで考察を進める。「哲学が初めての方でも読めるよう、基本は全部押さえてます」とPRする。

 初めてセンターを務めた昨年の楽曲「ドリアン少年」の歌詞を分析するなど、「AKBネタも入っています」。アリストテレス(古代ギリシャ)、ホッブズ(英国)、カント(ドイツ)といった偉大な哲学者たちの話題も、「ニーチェ先輩」などと敬称付きで呼びながら随所に登場する。

 「ファンの方への愛のメッセージも入っています。一章まるまる愛について書いていますが、これはファンの方への感謝の気持ちです」

 趣味と公言するマージャンのレギュラー番組(CSのTBSチャンネル1)を持っているほか、「チェリー(処女の意)です」「チューとかしてみたい」と時折下ネタも飛ばす個性派の須藤。早くも「アイドルを追究してから第2弾を出したい」と続編に意欲的な新人哲学者“りりぽん先輩”が、アイドル界&哲学界でブレークだ!

AKB48総合プロデューサー、秋元康氏(57)「AKB48グループのドラフトオーディションで『将来は何になりたいのか?』と聞いた時、『哲学者』と答えた女の子がいた。歌手や女優、バラエティータレントではなく哲学者と迷いなく答えた須藤凛々花に興味を持った。哲学について語る彼女の知識の豊富さに、奇をてらって言ったのではないことが分かった。『哲学者を目指すアイドル』か、おもしろい。『なぜ人は生きるのか?』『なぜ人はアイドルになるのか?』『なぜ人はアイドルに熱狂するのか?』。哲学者アイドル、須藤凛々花の哲学書はこうして誕生した」

須藤 凛々花(すとう・りりか)

 1996(平成8)年11月23日生まれ、19歳。東京都出身。高校2年時の2013年11月に「第1回AKB48グループ ドラフト会議」の1巡目でNMB48チームN、SKE48チームKII、同チームEの3チームから指名を受け、山本彩が抽選で交渉権確定のくじを引き当ててチームNに加入。14年1月から活動をスタートし、同3月に劇場公演デビュー。15年7月発売のNMBの12枚目シングル「ドリアン少年」で初のセンターを務めた。

ランキング

PR