SANSPO.COM for mobile

たけし“毒舌エール”、SMAP騒動を「アウトレイジ」題材に!?

試合速報へ

試合速報: 野球速報 サッカー速報

たけし“毒舌エール”、SMAP騒動を「アウトレイジ」題材に!?

更新

会見で“SMAPネタ”を炸裂させたビートたけし(左から2人目)。共演の左から新井浩文、西島秀俊、忽那汐里は大慌て=東京・銀座  タレント、ビートたけし(68)が16日、東京・丸の内TOEI(1)で行われた主演映画「女が眠る時」(ウェイン・ワン監督、2月27日公開)の特別上映会に出席した。同作は虚構と現実が交錯する難解なサスペンスだが、同作の説明を求められるといきなり「SMAPのトラブルです」と発言。全く関係のないコメントで大爆笑を誘ったが、たけしも分裂、解散騒動に揺れるSMAPを心配していた!?

 この日は、第66回ベルリン国際映画祭(2月11日開幕)のパノラマ部門に正式出品が決まったばかりの映画「女が眠る時」の特別上映会。静粛な雰囲気の中、主演のたけしが何の脈略もなく、“SMAPネタ”を炸裂させた。

 司会者から作品のキーワードを聞かれ、いきなり「SMAPのトラブルです」と発言。会場は一瞬、静寂に包まれたが、直後に大爆笑。「女-」の出演者で、1993年のフジテレビ系「あすなろ白書」でSMAPの木村拓哉(43)と共演した西島秀俊(44)が「いいんですか!? 今の」と大慌てでたけしを制止した。

 それでも、止まらないたけしは「『SMAP神戸』というのを考えています」と謎の計画をぶち上げてニヤリ。

 その真意は明かさなかったが、たけしは2010年公開で自身が監督、主演を務め、ヤクザの抗争を描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」を兵庫・神戸市で撮影。

 ジャニーズ事務所の“お家騒動”に加え、事務所に残留すると伝えられる木村と、独立組とされる中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)の対立構造で揺れる分裂、解散騒動をバイオレンス映画の題材にするつもりなのか!?

 たけしは、一昨年7月のフジ系「27時間テレビ」でSMAPと共演。当時、奇しくも“SMAP解散”をテーマにしたスペシャルドラマ「俺たちに明日はある」が放送されており、たけしはSMAPを「前代未聞のアイドル」と絶賛していた。

 国民的関心事となった分裂、解散騒動。今回の“仰天計画”はたけしからSMAPへの“毒舌エール”かもしれない。

★「血と骨」以来、12年ぶり主演

 同作は1995年公開の「スモーク」でベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞した巨匠、ウェイン・ワン監督(67)が手がけた初の日本映画。たけしが自身の監督作品以外に主演するのは2004年公開の「血と骨」(崔洋一監督)以来、12年ぶり。同作は、あるリゾートホテルでくつろぐ初老の男(たけし)と忽那汐里(23)演じる恋人を軸に展開するサスペンス。2人を偶然見かけた小説家(西島)がその妖艶な雰囲気にとりつかれ、尾行や妄想などの異常行動を繰り返す…。

ランキング

PR