SANSPO.COM for mobile

新山千春、西武・黒田コーチと離婚…最後の家族旅行も終え終止符

ニュースカテゴリ:芸能社会の芸能の離婚・破局

新山千春、西武・黒田コーチと離婚…最後の家族旅行も終え終止符

更新

2004年12月に結婚発表した新山千春と黒田哲史コーチ。その10年後に離婚することになるとは…  タレント、新山千春(33)とプロ野球・西武2軍内野守備走塁コーチの黒田哲史氏(39)が離婚することが28日、分かった。29日にも発表するとみられる。2人は2004年12月に結婚し、06年7月に長女で子役、小春ちゃん(8)が誕生したが、昨年11月に別居が報じられていた。今月下旬、最後の家族旅行となった米ハワイから帰国し、丸10年を迎えた結婚生活に終止符を打つ。

 結婚から節目の10年を迎えた新山と黒田氏が、別々の道を歩むことを決意した。

 関係者によると、新山が長女、小春ちゃんと親子でタレント活動を続ける一方、黒田氏は遠征で家を空けることが多く、いつしか夫婦間でコミュニケーションが取れなくなっていったという。すれ違い生活が続く中、冷却期間を置くためにも数年前から別居生活を送ってきたが、修復不可能と判断し、決断したようだ。29日にも発表される。

 2人は03年秋に知人の紹介で知り合い、翌04年6月に交際をスタートさせ、同12月にスピード婚。人気タレントの新山と当時巨人の選手だった黒田氏の結婚は、美男美女カップルとして話題を集めた。

 06年7月には小春ちゃんが誕生。同年オフに黒田氏は巨人から戦力外通告を受け、翌07年に西武に移籍したが、同年オフに引退。紆余曲折を夫婦二人三脚で乗り越えてきたが、昨年11月に写真週刊誌で別居が発覚し、離婚危機が報じられた。

 今月22日、新山は家族3人でハワイ旅行に出かけたことをブログで報告。「ともにたくさんの時間を過ごし、乗り越えてきた今があります。10年間で旦那さんから学ぶこともたくさんありました。穏やかな時間の中でたくさん思い出を作って帰りますね」と意味シンにつづっており、離婚を前提とした最後の家族旅行だったようだ。

 世間を驚かせた結婚から10年、小春ちゃんの親権は新山が持つとみられる。シングルマザーとなっても離婚をバネに、タレントとして一層の飛躍をめざす。

新山千春(にいやま・ちはる)

 1981(昭和56)年1月14日生まれ、33歳。青森県出身。95年の第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞して芸能界入り。96年の映画「お日柄もよくご愁傷さま」で女優デビュー。98年の「なぞの転校生」で映画初主演した。現在はニッポン放送「みんなの作文」(月曜後9・0)のパーソナリティーを務める。

黒田哲史(くろだ・さとし)

 1975(昭和50)年1月11日生まれ、39歳。兵庫県出身。神戸村野工高から93年ドラフト4位で西武入団。巨人、西武と渡り歩き、2007年に引退。237試合に出場し打率.195、6本塁打、24打点。09年から西武のコーチを務め、現在は2軍内野守備走塁コーチ。

ランキング

PR