【ヘラブナ】新ベラの強い引き満喫 茨城県筑西市『筑波湖』 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【ヘラブナ】新ベラの強い引き満喫 茨城県筑西市『筑波湖』

更新

雄大な筑波山の目の前で新ベラの引きが満喫できる  11月。水温の低下と共に、ヘラブナの食いも落ちる。これを補うのが新ベラの存在。一度もハリ掛かりしたことがないウブなヘラブナは、とにかく引きが強いのが最大の魅力だ。放流直後の茨城県筑西市『筑波湖』を訪ねた。

<< 下に続く >>

 ★概況

 竿が折られることもあるという大型にこだわった『筑波湖』。先週木曜には1枚800~1200グラムが約2トン放流、今後も数回予定されている。

 ★新ベラ釣り

 新ベラよりも旧ベラの方が圧倒的多数。いかにして旧ベラを避けるかがキモとなる。

 ★タナ

 普段から攻めている1メートル前後のタナや、底近くは旧ベラが多い。そこで、あえてタナ3メートル前後を狙うこと。沖目も格好のポイントになる。

 ★餌

 セット釣りメインの時季だが、バラケ餌は旧ベラが先に反応してしまう。そこで両グルテンの登場。アタリ出しこそ遅いが、新ベラが寄り始めれば狙い通りの展開になる。

 ★実釣

 午前6時30分、5号桟橋の奥寄りに入る。沖目の宙釣りで、18尺竿をタナ2・5メートルにセット。両グルテンを親指大にハリ付けする。ウキが立ち、スムーズにトップ先端まで馴染んだところで切り返し。周りではセット釣りの竿が立ち始めるが、旧ベラばかりの様子。

 ようやく両グルテンに反応が出た。馴染みが遅くなり、3節入ったところで一瞬止まる。直後、1節の“ムズッ”。竿が弧を描き、暴れ回るのを両手で止める。新ベラの引きを存分に楽しみ、良型を取り込んだ。40センチ、肩の張った厳つい顔が印象的だ。

 しかし、上層のサワリがキツくなってきた。気温の上昇で、旧ベラがたまり始めたのだろう。すかさずタナ3メートルに変更。新ベラが連チャンするも釣った後のサワリが弱く、寄りの悪さも感じる。無理にウキを動かさず、時間をかけて地合を作るしかない。

 ウキ周辺に泡付けが出た。新ベラがたまった証拠。“ムズッ”や“チクッ”など新ベラ特有のアタリで、正午までに30枚。周囲もウキが動きっぱなしの状況。しかし空振りが多く、旧ベラに翻弄させられている。

 お昼を回ると、気温が20度超に。へラもハシャギ気味で、ラフ付けした両グルテンだと空振りしてしまう。馴染み際のサワリがきついときには、次の1投を丁寧に丸めてウキを入れる。常にサワリの出方を見ながら、餌に変化を付けた。

 ラスト10分。この日最大の44センチが釣れると、40センチ級が3連チャン。最終的に43枚(34・7キロ)で納竿した。とにかく新ベラの暴れっぷりが印象的。今週中には2回目の放流が予定、さらに楽しめるだろう。 (APC・小澤浩)

 ★当日の餌

 両グルテン=「新べらグルテン」100cc、「α21」100cc、水200cc

ガイド

〈案内〉『管理事務所』電話0296・52・5444〈交通〉関東鉄道・下妻駅下車。タクシー利用。マイカーは常磐自動車道・土浦北ICから約40分〈料金〉平日1600円。土日祝日2100円。時間は午前6時30分から午後3時30分まで。

PR