【よしもと釣り部通信】東京湾ルアー青物スタート!デニス松下突撃 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【よしもと釣り部通信】東京湾ルアー青物スタート!デニス松下突撃

更新

47センチのイナダを釣ってニンマリの松下。萩原船長(奥)に感謝=東京湾・第二海堡周辺  秋本番、東京湾のルアー釣りが、青物シーズンに突入した。ジギング主体で、イナダやカンパチをはじめ、ワラサ級やブリ級、サワラが狙える。ルアーと言えば、よしもと釣り部のデニス松下の出番?! 腕をグルグル回しながら、横浜市・八幡橋『鴨下丸』から出撃した。

<< 下に続く >>

 横須賀沖の水深30メートルでスタートです。60グラムのジグを底まで落とし、ワンピッチジャークで誘います。が、反応がない。出船前に萩原敏広船長から「長潮で潮が動かないから厳しい戦いになると思うけど頑張ろうね」と聞いていた通り? でも厳しいと知りながら快く取材を受けてくださった船長の気持ちに応えるべく、気を引き締めます。

 鴨居沖の水深40メートルへ。ワラサが狙えるらしく、ジグは100グラム。右舷ミヨシで70センチのサワラがフォールでヒット。船長いわく、サワラ狙いならお尻にフックを付けた方がいいが、根掛かりのリスクが上がる。ワラサやイナダなら、頭からルアーを吸い込むから頭に付けた方がいいそう。勉強になります。僕は何度か根掛かり、サンスポMデスクはフグにPEをかみ切られ続ける安定のポンコツコンビぶりです。

 第二海堡周辺でナブラ発見です!! 皆さんナブラ撃ちをして、イナダを上げていきます。なぜか9人中、僕とMデスクだけには来ない。そして、いつの間にかナブラが消えてます。夢やったんか? そう思うほど静かな海。また船長がナブラを発見してくれますが、2人だけ釣れない悪夢の繰り返しです。

 「今ジグ何グラム投げてる? 40~60グラムの軽いのがいいよ。投げたら早巻きね」と船長。120グラムのジグで、ゆっくりシャクり上げるという、キレイに真逆をやっていました。ガシャ巻きすると、グググン。やりました、47センチのイナダ。船長に感謝です。皆、釣果を伸ばしていきます。

 昼過ぎ、「覇気がないね?」とMデスク。お見通しです。正直満足している部分がありました。いつもならMデスクもすぐ満足するのに、この日は違います。シャクるスピードは鬼気迫るものがあります。さすが、釣りデスク。午後1時半、Mデスクにヒット。43センチのイナダです。船長が近づき「これで船内唯一のオデコは免れましたね」と一言。だから必死やったんや! その後のMデスクはまったり通常運転に戻っておりました。

 終盤にカンパチが続々ヒット。結局、僕がイナダ1本、Mデスクがイナダとカンパチ1本ずつ。全体では青物1~8本でした。これからワラサ主体に狙っていくそう。取材前週は10人でワラサが36本上がったとか。身近な東京湾で大型青物を釣らせてくれる『鴨下丸』さんで、ファイトを楽しんでみてください。 (デニス松下)

 ★船長の見通し

 「松下君? 竿の動かし方は悪くない。潮が澄んでいて見切られてたのでは。濁っていればもっと食うでしょう。イナダ、カンパチはジャカ巻きでOK。ワラサは速く動かさなくてもキレがあればいい。大潮から中潮が狙い目ですね。年末から年明けは100~120グラムのジグでサワラ狙い。85~90センチ(4~5キロ)もヒットします。40グラムのジグがあればジギングもキャスティングにも使えるので緊急飛び道具用に準備してください」

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=八幡橋『鴨下丸』電話045・751・3654〈交通〉JR京浜東北線・根岸駅下車、徒歩で約10分。マイカーは首都高速湾岸線・本牧ICから八幡橋方面に約7分。磯子ICから約5分〈乗合料金〉氷付き9500円。7時出船(予約優先)。貸し竿500円。毎週木曜日が定休。

PR