【よしもと釣り部通信】餌木タコ初挑戦 根掛り気にして明暗くっきり!? - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【よしもと釣り部通信】餌木タコ初挑戦 根掛り気にして明暗くっきり!?

更新

釣っていきなり踊り食い?! 初マダコに歓喜の左から信清、松下  千葉市・千葉港『守山丸』さんで、マダコ&アジのリレー釣りをしてきました。店主は僕が勝手に兄貴と慕う金子輝人船長。こわもてですが、非常に優しい方。そして今年はタコの当たり年。期待を胸に、釣り部の海釣り大好きサンシャイン信清と乗り込みました。

<< 下に続く >>

 川崎沖の水深7メートルでスタート。タコ餌木にダウンショットのオモリ5号を付け、底を狙います。開始直後、お互い竿がしなり、驚きと歓喜に満ちた表情で目を見合わせます。が、お互い根掛かり。餌木を1つずつなくし、先ほどの笑顔が嘘のような真顔で見つめ合います。というのも、初挑戦の僕たちが持っていた餌木は2個ずつ。いきなり崖っぷち。さらに潮の流れが速く、根掛かりしやすい。絶体絶命です。

 チキンハート松下は、餌木をチョンと根に付けてはすぐに浮かす弱腰な釣り。どんな場所でもギャグを放り込む鉄のハート信清はガンガン根を狙い続け、根掛かりしては外すの繰り返し。

 餌木がなくなったら終わりやのに…と思っていると、信清の竿がしなります。君は終わりだと思ったそのとき、「それ来てるよ」。金子船長が操船室から顔を出します。

 出ました、マダコです。ここでやらなきゃ男が廃る。根に餌木をビタ付けして誘う。直後、釣りの神様はいました。竿がしなります。船長が操船室から顔を出します。

 「松下君、根掛かりだよ」。釣りの神様は教えてくれました。「甘くない、だから面白いんだよ」と。同乗者に餌木を借り、何とか続行です。

 船中6人中オデコは僕だけ。潮が緩くなり根掛かりも減り、ついにアタリです。タコが餌木を抱いた後、根に潜る前に合わせるのがコツとのこと。合わせて一気に船内へ。念願のタコです。感無量! 「このタコ」という罵声がなくなってほしいぐらい愛おしい。その後4連発。楽しくて仕方ありません。

 ★後半はアジ三昧

 結局、信清2尾、松下4尾で終え、竿頭は11尾(0・3~1・5キロ)。後半はアジをバンバン釣って納竿。皆さんも堪能してみてはいかが? (デニス松下)

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=千葉港『守山丸』電話043・312・2640〈交通〉JR外房線・本千葉駅から徒歩で約15分。マイカーは京葉道路・幕張ICから千葉方面へ約25分〈乗合料金〉マダコとアジのリレー釣りは餌と氷付き9000円。予約乗合で6時出船。

PR