【甘口辛口】寝ている女性の裸を撮影した田畑毅議員 信じられない所業も処分は“大甘” - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【甘口辛口】寝ている女性の裸を撮影した田畑毅議員 信じられない所業も処分は“大甘”

更新

準強制性交容疑で元交際相手の女性から告訴された田畑衆院議員 (2016年10月)  ■2月25日 「雲隠れ」は問題を起こした政治家が最も得意とするテクニックの一つだ。自民党を離党した田畑毅衆院議員も事務所にも現れず、取材の網をかいくぐって逃げ回っているらしい。酔って寝ている女性に乱暴し、裸の写真まで撮って刑事告訴された。政治家として信じられない所業で、出てくるのも恥ずかしいかもしれない。

<< 下に続く >>

 自民党の党紀委員会では「以前からお付き合いしていたことを踏まえ、このへんが妥当」(山東昭子委員長)と、離党届受理で済ませた。地元の党愛知県連から「決して許されるべきではない」と議員辞職要求の上申書が出ており、党紀委内では除名の声もあがったのに大甘処分だった。

 離党して無所属になっても議員には変わりない。歳費、期末手当合わせて約2200万円。そんな恵まれた生活を支えているのは国民であり、反論があるなら出てきて国民に説明するのが筋だ。それができずに姿をくらましているのは、卑劣な行為を暗に認めていると受け取られても仕方ない。

 自民党の石破茂元幹事長は夜のテレビ番組で「(田畑氏が)選挙区から選ばれたのなら選挙民に謝るべきだが、比例代表で議席を得た。党が絡んでいて、責任は党にある」という趣旨の発言をしている。これが正論かもしれない。離党届を受理したからには、自民党が責任をもって田畑氏の選挙区を含む東海ブロックの選挙民に報告する義務があるとの声も聞く。

 ましてや「すべての女性が輝く社会作り」に向け、女性の人権を尊重しようと国を挙げて取り組んでいるときに、もってのほかだ。バックには複雑な党内事情もあるらしいが、こんな議員一人首を切れないようでは情けない。 (今村忠)

PR