阪神D7位・高寺、2軍戦で“甲子園初安打” - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神D7位・高寺、2軍戦で“甲子園初安打”

更新

 (ウエスタン 阪神-広島、15日、甲子園)阪神のドラフト7位・高寺望夢内野手(18)=上田西高=が「8番・三塁」でスタメン出場し、“甲子園初安打”を放った。

<< 下に続く >>

 1-0の二回に先頭で打席に立つと、先発・野村の初球を華麗に流し打ちし、左前へと運んだ。直後の遠藤の打席では今季2個目となる盗塁を成功させて足でも魅せた。

 今年唯一の高卒ルーキーは、長野の上田西高出身。自身は甲子園の出場経験はなく、前日14日の同戦が甲子園デビューだった(2打数無安打)。

 高寺は、今季2軍で26試合に出場し、打率・209(67打数14安打)、4打点(試合前時点)。実戦を重ねて経験を積んでいる。

 

PR

×