巨人・坂本、右手母指(親指)末節骨の骨折…五回にヘッドスライディングした際に負傷 - SANSPO.COM(サンスポ)

巨人・坂本、右手母指(親指)末節骨の骨折…五回にヘッドスライディングした際に負傷

更新

 (セ・リーグ、巨人7-5ヤクルト、7回戦、巨人4勝2敗1分け、9日、東京ドーム)巨人・坂本勇人内野手(32)をアクシデントが襲った。不動の遊撃手は五回の攻撃中に手を痛める様子を見せ、六回からベンチへ退いた。試合後、病院で検査を受けた結果、右手母指(親指)末節骨の骨折と診断された。

<< 下に続く >>

 五回無死一、二塁。一塁走者の坂本は捕手からのけん制でヘッドスライディングで帰塁した際に顔をしかめた。判定はセーフだったが、地面に擦った右手を押さえて痛がる様子を見せ、ベンチから出てきたトレーナーと言葉を交わした。その後も一塁走者として塁に残ったが、六回の守備には就かず吉川と交代した。 

PR

×