広島・床田、粘りの投球で今季最長の7回1失点 - SANSPO.COM(サンスポ)

広島・床田、粘りの投球で今季最長の7回1失点

更新

 (セ・リーグ、広島1-1巨人=九回規定により引き分け、8回戦、広島4勝3敗1分、4日、マツダ)広島の床田が今季最長の7回を投げ1失点にまとめた。三者凡退に抑えた二、五回を除いて毎回ピンチを背負ったが、丁寧にコースを突いて踏ん張り「点を取られた後もずるずると行かずに良かったかな」とうなずいた。

<< 下に続く >>

 同点の七回2死二、三塁ではスモークに低めの変化球を振らせて空振り三振に仕留め、勝ち越しを許さなかった。佐々岡監督は「チャンスであと一本が出ていないので重い展開になる。それでも床田が粘り強く最少失点で七回までよく投げた」と打線の援護に恵まれなかった左腕投手をねぎらった。

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×