DeNA・伊藤光が正捕手獲りへ意欲 「勝てる捕手が一番。それが信頼につながる」 - SANSPO.COM(サンスポ)

DeNA・伊藤光が正捕手獲りへ意欲 「勝てる捕手が一番。それが信頼につながる」

更新

 DeNA・伊藤光捕手(31)が2日、横浜スタジアムでの全体練習に参加。グラウンドではノックや送球練習などを行った。

<< 下に続く >>

 昨季は、DeNA移籍3年目で最少となる30試合の出場にとどまった。「任せられる選手が出るべき。三浦監督はキャンプから走攻守で隙のない野球を掲げてやられているので、自分もそこに対してもっと隙のない選手になれば出場試合数も増えてくる」と闘志を燃やした。

 現在は昨季チーム最多の96試合でマスクを被った戸柱をはじめ、嶺井、山本と4選手が1軍帯同。三浦監督は捕手の起用法について「投手との相性よりも状態のいい選手を使う」と話しており、伊藤光は「やっぱり勝てる捕手が一番。それが信頼につながる。こいつに任せれば大丈夫と思われるのが正捕手の条件。しっかり任される捕手になりたい」と正妻獲りへ意欲を見せた。

PR

×