【虎のソナタ】いつもと違う「景色」…元虎のソナタ 1、2、3面を鳥谷&福留&能見が占拠! - SANSPO.COM(サンスポ)

【虎のソナタ】いつもと違う「景色」…元虎のソナタ 1、2、3面を鳥谷&福留&能見が占拠!

更新

 あれ? いつもと「景色」が違う。隣は能見、その向こうは福留、そしてフロントページが鳥谷。本日の1、2、3面は、元トラ戦士が占拠しております。

<< 下に続く >>

 3人とも元気いっぱいです。能見なんて、もう捕手を座らせて61球も投げている。

 「それが能見ですよ。いつもキャンプの第1クールから連日100球前後投げていた。去年、『相変わらずよう投げるね』と声をかけたら、『僕はこうやって自分のピッチングをつくってきました。投げられなくなったら僕は終わりです』といわれた」

 ベテランのトラ番三木建次は「それが普通の能見」だと説明してくれました。猛牛番の西垣戸理大によると、オリックスは「調整を任されている山岡と(山本)由伸以外は全員が2月1日からブルペンに入ってバンバン投げます。36歳の増井さんも初日から150キロくらい出しますよ」というほど投手陣全体の調整ペースがはやいのですが、5月に41歳になる“新人左腕”も、これまで通り年下の投手に負けじと奮投しそうです。

 4月に44歳になる福留も負けていません。中日はこの日、元監督で昨年1月に亡くなった高木守道さんのお別れ会があり、ナゴヤ球場での練習は午後からになったのですが、担当の須藤佳裕によると「外野を一人で黙々と走り込んでいました」と言います。

 須藤は2016年のオフ、岐阜・大垣市内で「山崎武司チャリティーコンペ2016」が開催された際に、コンペに参加していた当時39歳の阪神・福留を“間接取材”しています。

 「山崎さんが『孝介(福留)はあと5年はやります。2000安打も日米通算じゃなく、日本だけで2000本打ちます、って言ってたよ』と教えてくれたんです」

 その「あと5年」の、あれから5年目が今季です。メジャーで498安打していますが、日本だけでの2000安打にはあと91本です。

 「あの話を聞いたときは、『44歳か、どうなってるのかなあ』と考えて、現役の姿を想像できませんでした。古巣に戻ってきて、そのシーズンを自分が取材できることになりました」

 あと5年が現実になって力が入る須藤は、この日は対面取材ができた福留に、鳥谷のことも質問。福留は、移籍したことで感じた“変化”についてもていねいに答えてくれています。

 その鳥谷は、ZOZOマリンでの練習を公開。元トラ番で昨季は巨人担当、今季はプロ野球遊軍となった箭内桃子が取材しました。関東は新型コロナの感染拡大が関西以上に深刻で、取材はほぼリモートになっています。箭内もここ2週間ずっと外での取材ができないそうですが、「画面越しに、いっぱい、20分くらいにわたって話してくれました」。もちろん阪神がらみの質問も出ていて、今季は開催されるセパ交流戦に向けて「(甲子園に)ただ行くだけじゃつまらない」と熱く語ってくれた原稿は、1面だけでなく2面にまではみ出しています。

 「サービス精神旺盛になってるよなあ。年末年始のテレビ番組に出たときも、ようしゃべってた」

 紙面総括の運動部長大澤謙一郎も、桃子姫が送ってきた「大阪用」の長い一問一答と1面原稿に目を通しながらうなずいております。阪神ファンの皆さまも、本日はいつもと違う「景色」を、元トラ戦士3人それぞれの熱い思いを、じっくりとお読みください。

PR

×