巨人の新外国人、テームズ&スモークは2月下旬合流へ - SANSPO.COM(サンスポ)

巨人の新外国人、テームズ&スモークは2月下旬合流へ

更新

 巨人・原辰徳監督(62)が22日、外国人の来日スケジュールに言及した。「早ければ2月の終わりぐらいにはすべての人間が合流するのではないか」として、新加入のエリック・テームズ外野手(34)=前ナショナルズ、ジャスティン・スモーク内野手(34)=前ジャイアンツ=の合流が2月下旬となる見通しを語った。

<< 下に続く >>

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外国人の新規入国を停止中。来日は最短でも緊急事態宣言が解除される2月7日以降で、さらに2週間の待機期間が必要となる。

 巨人ではすでに昨年からプレーしているウィーラー、ビエイラ、サンチェスが来日。守護神のデラロサも近日中に来日の見込みで、1軍のベテランが主体となるS班に組み込まれる予定の4選手は2月1日のキャンプインには間に合わないものの、2月上旬の合流が見込まれている。

 本来であれば新外国人はキャンプ中にじっくりと実力を見極めたいところ。指揮官は「願わくばもう少し早く合流してもらいたい」と本音ものぞかせた。

PR

×