楽天・銀次は東日本大震災から10年に「ずっと思いながら練習や試合をやってきた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

楽天・銀次は東日本大震災から10年に「ずっと思いながら練習や試合をやってきた」

更新

 楽天・銀次内野手(32)が13日、宮城県内で自主トレーニングを行い、ティー打撃などで汗を流した。

<< 下に続く >>

 プロ16年目。「今年だけではなく、長くプレーするための自主トレをしている。(練習メニューは)きつくて、追い込んでやっています」と説明した。

 昨季はチーム事情もあり、88試合の出場にとどまり、打率・236、本塁打はなく、23打点。「プロ野球は試合に出てなんぼ。試合に出たいし、規定打席に立って最低でも打率・300は打ちたい」と力を込めた。

 3月11日に東日本大震災から10年を迎える。「10年だから特別ではなく、ずっと思いながら練習や試合をやってきた」と熱く語った。岩手・普代村出身で3児の父。「東北出身者として、風化させることなく、子供たちに伝えていきたいです。自分に何ができるかを考えて、行動に移したい」。これまでも多くの地域貢献活動を熱心に行っている。

PR

×