NPBとJリーグ、トイレ内の感染防止で注意喚起 - SANSPO.COM(サンスポ)

NPBとJリーグ、トイレ内の感染防止で注意喚起

更新

 日本野球機構(NPB)とサッカーJリーグが連携して感染症の専門家チームから意見を聞く「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第21回会議が30日、オンラインで開かれ、感染防止対策を行って実施し、29日に終了したプロ野球の「みやざきフェニックス・リーグ」、Jリーグのアウェー移動時の対応について情報を共有。専門家チームからは、競技場内や移動の際に使用する航空機内のトイレについて注意喚起がなされた。

<< 下に続く >>

 プロ野球の斉藤惇コミッショナー(81)は来年2月の春季キャンプや来シーズンに向けて、「これまでに起きた具体的なケースを分析し、選手の状況やお客さんの対応をまとめたリポートをまとめたい」と語った。

PR

×