【小早川毅彦のベースボールカルテ】セパの“格差是正”へ1リーグ制導入を - SANSPO.COM(サンスポ)

【小早川毅彦のベースボールカルテ】セパの“格差是正”へ1リーグ制導入を

更新

 2年連続でソフトバンクの4勝0敗で決着した日本シリーズ。セ、パ両リーグの実力差が言われる中、選手として広島で3度、ヤクルトで1度出場した本紙専属評論家の小早川毅彦氏(59)は連載コラム「ベースボールカルテ」で1リーグ制の導入を提案した。

<< 下に続く >>

 日本シリーズは今年もソフトバンクの圧勝に終わった。巨人には日本一とはいかないまでも、セ・リーグの代表として善戦を期待していたが、見事なまでに裏切られた。

 最高峰の戦いであるはずなのに、2013年から8年連続でパ・リーグの球団が日本一。ソフトバンクは18年(対広島)の第3戦から12連勝だ。巨人は位負けしないという意味で“セの最後のとりで”だったのだが、ここまで実力の差が浮き彫りになると、余計なことを考えてしまう。

 23日に発表された沢村賞は、中日・大野雄が初受賞した。一騎打ちの相手は、こちらもセの巨人・菅野。確かに数字だけを並べてみると2人の争いになるものの、パのタイトルホルダーであるソフトバンク・千賀やオリックス・山本は、レベルが高いリーグで残した数字であることを考慮しなくていいのだろうか。

 もう一つは入場料。ファンからすれば「こんなに実力差があるのに、なぜセの試合にパの試合と同じような料金を払わなければならないの?」と文句の一つも言いたくなるだろう。

 巨人・原監督は昨年から、パと同じDH制の採用を提唱している。単純に打線は強力になり、相手にする投手のレベルも上がる。リードされた状況で投手に打順が回ってきて代打ということはなくなり、調子がよければもっと長く投げられる。だが、あくまで理論上の話。セで採用したからといって、すぐに実力が追いつくとは思わない。

 私が提案したいのは、1リーグ制だ。12球団を4つずつ東、中、西の3地区に分け、対戦は12球団総当たり。ポストシーズンには各地区を制した3球団と、2位以下の勝率上位2球団によるワイルドカードゲーム勝者の計4球団が進出する。米大リーグのリーグ優勝決定シリーズまでを考えてもらえばいい。

 ルールは統一しないといけないから、全試合でDH制を採用。現在のセ球団はパ球団と試合を多くこなすことによってもまれ、レベルが上がる。

 プロである以上、リーグ間格差は絶対に解消しなければならない問題。レギュラーシーズンからレベルを高めあうには、パに力を借りるしかない。 (本紙専属評論家)

◆今年の日本シリーズVTR

 ★第1戦(11月21日、京セラ) ソフトバンクが5-1で先勝した。二回に栗原が巨人先発・菅野から先制2ラン。六回も栗原の2点二塁打で突き放した。先発・千賀は7回無失点。

 ★第2戦(同22日、同) ソフトバンクが13-2で大勝した。一回に柳田の適時二塁打などで3点を先制し、七回にはデスパイネが満塁本塁打を放った。

 ★第3戦(同24日、ペイペイドーム) ソフトバンクが4-0で3連勝。三回に中村晃が先制2ラン。七回には中村晃の適時打などで2点を追加。巨人は九回2死からの1安打のみに終わった。

 ★第4戦(同25日、同) ソフトバンクが7人の継投で最少失点に抑え4-1で勝利。4年連続の日本一に輝いた。巨人は一回に坂本の適時二塁打で1点を先制したが、ソフトバンクがその裏に柳田の2ランで逆転。二回には甲斐の2ランで突き放した。

PR

×