阪神・井上、軽~くバックスクリーン弾 推定125メートル!夜の素振り効果や - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神・井上、軽~くバックスクリーン弾 推定125メートル!夜の素振り効果や

更新

 (フェニックスリーグ、楽天2-3阪神、22日、生目第二)ドラ1&2コンビが投打で活躍! 阪神・井上広大外野手(19)が22日、楽天戦に「4番・右翼」で出場。四回にバックスクリーンへ決勝の3号ソロを放った。先発した西純矢投手(19)は自己最長の7回を投げて2失点、8奪三振と好投。虎の未来を担う2人が躍動し、3-2で勝利した。

<< 下に続く >>

 軽く振っても、豪快な一発だ。白球はグングン伸びていき、バックスクリーン右へガンッと音を立てて着弾。井上が今リーグトップに並ぶ3本目のアーチを描き、笑顔でダイヤモンドを一周した。

 「初球から振ってタイミングを合わせられたのはよかった。追い込まれていたので、なんとかコンタクトしようと思って振り抜けたと思います」

 2-2で迎えた四回先頭。左腕・王彦程の外角からストライクゾーンに入ってくるカーブをとらえた。フルスイングではなかったが、中堅まで122メートルある生目第二球場のフェンスを越え、推定125メートル弾。ベンチからもどよめきの声が上がった。

 平田2軍監督も「バックスクリーンに打ったというのが値打ち。それも軽く、力感なく。ポーンっと軽打してバックスクリーンに入れるっていうのはやっぱりパワーだな」と思わず目を細めた。

 軽く振っても本塁打にできるのが、成長の証し。追い込まれても目付けを変えることでボールを見極められるようになり、井上は「だいぶ余裕を持てるようになった」と効果を実感している。また、今リーグ中、夜は宿舎で素振り。「バットを先に出してから体を回すという意識と、外のボールのスイングをするようにしています」。この日、本塁打にしたのも外角の球。しっかりと成果が出てきている。

 「『前だったら振ってたな』というのがあった。そういったところでいい方向に進んでるのかな」

 進化の手応えを口にした井上。D2位で入団した1年目の今季、1軍で11打席を経験。さらなる飛躍を目指す来季へ、宮崎で牙を研ぐ。(菊地峻太朗)

PR

×