西武、オリ・張奕を捉えられず 辻監督「四球で崩れないし、高低を使える」 - SANSPO.COM(サンスポ)

西武、オリ・張奕を捉えられず 辻監督「四球で崩れないし、高低を使える」

更新

 (パ・リーグ、西武1-4オリックス、23回戦、オリックス12勝10敗1分、17日、メットライフ)西武の辻監督は打線が張奕を打ち崩せずお手上げの様子だった。速球を捉えられずに六回まで散発3安打に抑え込まれ、8月22日に続いて白星を許した。「前回もやられているし、それだけのいい投手。四球で崩れないし、高低を使える」と相手を褒めるしかなかった。

<< 下に続く >>

 これで今季のオリックス戦の負け越しが決定。昨季は17勝8敗と得意としていた相手に苦しめられ「気分としては、負け越すのは嫌なもの。反省して今後の対策を練っていかないと」と渋い顔。自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性も消えた。

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×