石川が苦手敵地突ッパ7勝!ロッテ、鷹をピタリ追走1差 - SANSPO.COM(サンスポ)

石川が苦手敵地突ッパ7勝!ロッテ、鷹をピタリ追走1差

更新

球団のスローガンを記したタオルを手にポーズを取る石川。パ・リーグの優勝争いを突破する(撮影・戸加里真司)  (パ・リーグ、日本ハム3-4ロッテ、19回戦、ロッテ11勝8敗、29日、札幌D)パ・リーグ2位のロッテは29日、日本ハム19回戦(札幌ドーム)に4-3で勝って2連勝。首位ソフトバンクとの1ゲーム差を保った。先発の石川歩投手(32)は、7回1/3を6安打2失点の好投で7勝目(3敗)。今季の開幕投手を務めた右腕が、優勝戦線にとどまるチームを引っ張る。

<< 下に続く >>

 先発ローテーションの軸としての役割を、きっちりと果たした。石川は完封は逃したが、7回1/3を2失点。勝利数を7に伸ばし、チームにカード頭の白星をもたらした。

 「真っすぐが良かった。練習ではあまり良くなかったが、トレーナーさんやコンディショニングの方々に話を聞いたら良くなった」

 直球を内外角に投げ分け、6安打、無四球。7三振を奪った。

 前回登板した22日の楽天戦(楽天生命パーク)は七回途中8失点と打たれた。「移動があまり好きじゃないので、それでちょっと崩れていた」。今月はビジターでの試合が続き、調子を落としていた。しかし前日28日は移動前に体を動かし、札幌入り後は、大好きな“あの場所”に向かった。

 「(今季の)札幌(遠征)は最後なので、サウナに行きました」。球界屈指のサウナ好き。遠征先では施設を探して訪れ、汗を出す。5月に球団がファンに募った質問企画では、サウナに関する質問が殺到。「12分から15分入って、水風呂2、3分、外気浴などで休憩を10分弱。この3セットです」とのルーティンを明かした。ハードな日程の中で、大好きなリラックスタイムを設け、この日の登板に臨んだ。

 パ・リーグは6連戦初戦の火曜日の先発にエース級が集中。防御率2点台前半の上沢との投げ合いを制した。井口監督は「粘り強く投げてくれた。日によって自分で投球スタイルを変えてやっている」と目を細めた。

 トレードマークのひげは伸び、さらにたくましさを増している。「楽天に入った人がいるので、負けないように」。広島から楽天に移籍したDJ・ジョンソンを意識して、ニヤリと笑った。首位ソフトバンクも勝ったが、1ゲーム差をキープ。自身とチームの勝ち星の数を伸ばす争いも、負けはしない。(石井孝尚)

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×