小深田プロ1号も楽天は痛恨3連敗 277打席目で出た記念球は「実家に送りたい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

小深田プロ1号も楽天は痛恨3連敗 277打席目で出た記念球は「実家に送りたい」

更新

小深田がプロ初本塁打。チームは敗れたが、新人王獲得に向けて輝きを放った  (パ・リーグ、西武6-2楽天、17回戦、西武9勝7敗1分、27日、メットライフ)28日に25歳の誕生日を迎える楽天のドラフト1位・小深田大翔内野手(大阪ガス)が、前祝いの“祝砲”。チームは西武に同一カード3連戦3連敗を喫したが、ルーキーがプロ初本塁打で一矢報いた。

<< 下に続く >>

 「完璧に捉えることができた。バッティングカウントで甘いストレートを狙っていた」

 七回、松本の143キロの5球目を右翼席中段に運んだ。この日まで両リーグ規定打席到達者の中で本塁打0は小深田と西武・源田だけ。プロ277打席目での一発に「ホームランボールは実家(兵庫)に送りたいと思います」と照れた。

 神戸国際大付高から近大、大阪ガスを経てドラフト1位で入団。50メートル5秒9の俊足と堅実な守備で78試合に出場し、新人王の最有力候補に挙がる。身長168センチの小兵は「野球は体じゃないということを見せようと頑張ってきた」と話す。

 元阪神・赤星憲広の大ファン。小深田が、2001年の新人王に輝いた憧れの人に続く。(東山貴実)

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×