広島・佐々岡監督、完封目前の九里に「行くぞ」 - SANSPO.COM(サンスポ)

広島・佐々岡監督、完封目前の九里に「行くぞ」

更新

3回、広島・菊池涼の本塁打で迎える佐々岡監督(左)=マツダスタジアム(撮影・榎本雅弘)  (セ・リーグ、広島4-0DeNA、21回戦、DeNA12勝7敗2分、28日、マツダ)広島が完封勝利で連敗を2で止めた。試合後の佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

<< 下に続く >>

 --九里が完封で今季5勝目(5敗)

 「よく粘った。菊(池涼)のプレーがすごく大きかった。きょうは球に力があった。(三回は)先頭のピッチャーにフォアボールがあった。気が抜けるところあるが、菊が助けてくれた。完封は本人、チームにとっても大きいと思う」

 --八回表が終わりにベンチで九里に何を伝えていた

 「行くぞと。本人の気持ちが出ていた。完投するとチーム全体に良いリズムが生まれる」

 --鈴木誠を今季初めて4番を外し、3番で起用した

 「いろいろ考えた。(打順が)早めに(まわってくる)というところ。3番を1年間固定したいと思っていたができていない。その流れもある。今の野球は2番が最強というのがあるが、3番もそういうところがある。一番良いバッターの打席数が増える」

PR

×