ヤクルト・村上、藤浪撃ち決勝18号!先制打で60打点到達“直後”130メートル特大弾 - SANSPO.COM(サンスポ)

ヤクルト・村上、藤浪撃ち決勝18号!先制打で60打点到達“直後”130メートル特大弾

更新

村上が決勝の18号ソロ。バックスクリーンへ向かう打球を、鋭い目で追った (撮影・門井聡)  (セ・リーグ、ヤクルト2-1阪神、17回戦、ヤクルト9勝8敗、26日、神宮)ヤクルトは26日、阪神17回戦(神宮)に2-1で勝ち、2連勝。1-1の六回に、4番・村上宗隆内野手(20)が決勝の18号ソロを放った。阪神・藤浪晋太郎投手(26)の152キロの直球を、バックスクリーンの上まで飛ばす推定飛距離130メートルの特大弾。一回には右前適時打も放ち、チームの勝利に貢献した。

<< 下に続く >>

 白球は、あっという間にバックスクリーンの奥へ消えていった。1-1の六回。村上が、藤浪が内角高めに投じてきた152キロの速球を完璧に捉え、推定130メートルの決勝弾。珍しく満足そうな表情を見せ、拳を握った。

 「打席に入る前から(藤浪は)直球が一番いいボールだと思っていた。その一番いいボールを打てたらな、という思いでした」

 今季全83試合で4番に座る20歳は、状態をさらに上げてきた。一回は無死満塁で右前へ先制打。その後試合は膠着(こうちゃく)したが、目の覚めるような当たりで、今季最多の観衆1万4471人の度肝を抜いた。

 最近10試合で6発とアーチを量産。ただ、頼っているのは188センチ、97キロと恵まれた「体」だけではない。結果の出た打席でも、試合後には映像で振り返り、感覚と感触を一致させる。

 「自分の感覚と(映像を)見たときのズレとか、いろんな確認するところがある。この打席はこうだったなとか、本塁打を打てた打席はここがよかったから打てたんだな、とか、そういうところを見ます」

 グラウンド外での「頭」の鍛錬も欠かさない。考える力は、九州学院高時代から身についている。主将で正捕手で4番。練習からチームメートに指示を出し、相手チームを研究し、投手陣をリード。獲得に携わった橿渕スカウトグループデスクは練習を視察した際を「監督ではなく村上が指示を出して選手を動かしていた」と回想。全体を見渡し、率先して行動する姿に感銘を受けた。

 新型コロナウイルスの影響を受けるシーズン。阪神に多くの感染者が出るなど、球界は再び厳しい局面となっている。だが、19日に入場者数の規制が緩和されたばかり。村上は観衆を前に、背筋を伸ばしている。

 「(上限)5000人のときよりたくさんお客さんが入っていますし、緊張しました。ピンチのときも、チャンスのときも、より一層歓声を感じます」

 この一発が、背番号と同じプロ通算55号。村上が堂々と、ヤクルトを、そして日本球界を引っ張っている。(横山尚杜)

村上についてヤクルト・高津監督「(打球が)消えていったね。対応力がついてきたのかな。ミスをすることなく捉えられるようになってきている」

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×