“持ってる男”西武・森脇、7日で3勝!6番手で1回無安打0封「野手に助けられている」 - SANSPO.COM(サンスポ)

“持ってる男”西武・森脇、7日で3勝!6番手で1回無安打0封「野手に助けられている」

更新

最後を抑えたギャレットらを迎える森脇(中央)。連日の白星だ (撮影・今野顕)  (パ・リーグ、西武5-1楽天、16回戦、西武8勝7敗1分、26日、メットライフ)“持ってる男”だ。同点の七回に登板した西武・森脇亮介投手(28)が1回を三者凡退の好救援。その裏に味方が勝ち越し、チームトップの高橋光、平井に並ぶ5勝目を挙げた。

<< 下に続く >>

 「日々、野手に助けられているという感覚。白星がついたことは素直にうれしいです」

 前日25日も同点の七回を完全に抑え、直後に勝ち越しを呼んで4勝目。20日のオリックス戦(京セラ)でも好救援で白星がついており、7日間で3勝と驚異的な勝ち運を味方につける。

 日大を経てセガサミーから入団して2年目の右腕。今季31試合に登板して防御率1・15の好成績を残す。特に9月は絶好調で、登板した8試合全て無失点。安打は3本しか打たれていない。

 通算66勝157Sを挙げている大先輩にもらった言葉が、森脇をさらに強くした。「中継ぎは三振を狙って取りにいくんだ!」。8月30日の楽天戦後、豊田清投手コーチに言われた。それまで森脇は直球と変化球をコースに投げ分け、打たせて取るイメージで打者と対峙していた。「そういう考え方なんだと。目からうろこが出るぐらいの感銘を受けた」と森脇。リリーフこそ強い気持ちが必要。意識の変化がさらなる成長につながった。

 「これからもしっかりと打者に向かって勝負していく投球をしていきたい」。先発のノリンが左肩の張りを訴え、1回で降板するアクシデントを8投手の継投でつないでの連勝。2児の父でもある背番号28が、西武に白星をもたらす。(樋口航)

データBOX

 西武・森脇が前日25日の楽天戦に続く勝利投手。西武投手の2日連続勝利は伊藤翔が2018年8月28、29日の楽天戦で記録して以来。森脇は20日のオリックス戦でも勝利投手。7日以内に3勝は18年のヒース(7月22日の楽天戦、25、26日のオリックス戦=5日で3勝)以来2年ぶり。西鉄時代には若生忠男が1966年7月15-17日の阪急戦で3日連続勝利投手(チーム4試合で3勝)になっている。

森脇 亮介(もりわき・りょうすけ)

 1992(平成4)年7月13日生まれ、28歳。京都府出身。塔南高時代は甲子園出場なし。日大を経て、セガサミーでは2015年から4年連続で都市対抗に出場。19年ドラフト6位で西武入団。175センチ、70キロ。右投げ右打ち。既婚。年俸1300万円。背番号28。

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×