新加入のヤクルト・歳内、5回2失点好投も…5年ぶりNPB勝利ならず - SANSPO.COM(サンスポ)

新加入のヤクルト・歳内、5回2失点好投も…5年ぶりNPB勝利ならず

更新

先発のヤクルト・歳内=神宮球場(撮影・長尾みなみ)  (セ・リーグ、ヤクルト-DeNA、17回戦、16日、神宮)四国アイランドリーグplus香川から新加入したヤクルト・歳内宏明投手(27)が移籍後初登板。先発し、5回8安打2失点と好投を見せた。

<< 下に続く >>

 「ヤクルトに入団して初登板で緊張はしましたが、今出せる最大限の力を出すことを考えて必死で投げました」

 加入後、わずか10日でのデビュー戦。「何度かピンチの場面もありましたが、味方の守備にも助けてもらい、リズムよく投げられた」と走者を許しながらも、制球は安定し、四回まで無失点投球。

 しかし、1点リードをもらった五回のマウンドは、上茶谷に左前打を許すなどピンチを招き、梶谷の中前適時打、オースティンの中犠飛で計2失点。「先制してもらった直後に失点を許してしまい、本当に悔しい気持ちです。そしてまたこのNPBのマウンドで投げさせてもらった本当に感謝に気持ちでいっぱいです」と話した。

 勝利を挙げれば、NPBでは阪神時代の2015年9月29日の広島戦(甲子園)以来、5年ぶりだった。それでも確かな実力を本拠地のマウンドで示し、次戦以降にも大きな期待を抱かせる結果となった。

試合速報へプロ野球日程へ

PR

×