ロッテ・小島、五回持たず…西武のベテラン・栗山一人にやられる - SANSPO.COM(サンスポ)

ロッテ・小島、五回持たず…西武のベテラン・栗山一人にやられる

更新

5回、ピンチを迎えたロッテ・小島(中央)。この直後の失点で途中降板となった =メットライフドーム(撮影・尾崎修二)  (パ・リーグ、西武3-1ロッテ、16回戦、西武11勝5敗、16日、メットライフ)自身の“貯金”を作ることなく、マウンドを降りた。ここまで5勝5敗のロッテ・小島は、五回を投げ切ることができずに交代した。

<< 下に続く >>

 一回に栗山に先制ソロを浴びたが、スライダー、カットボールで的を絞らせない投球は効果的だった。四回まで3安打、4奪三振とまずまずの内容。だが、五回に外崎に適時打を浴び、さらに2死二塁から栗山に右前適時打を浴びたところで交代を告げられた。栗山には四回にも右前打を許しており、ベテラン一人にやられた格好だ。

 打線もプロ初先発となった西武の新人左腕、浜屋を攻略できなかった。力のある直球と同じ腕の振りから投げ込まれるチェンジアップに苦しみ、五回までわずか2安打。打線が3巡目に入った六回に、ようやく中村奨の適時打で1点を返した。

 15日現在でリーグ2位のチームは首位・ソフトバンクを猛追する中、正捕手の田村が9日の日本ハム戦の死球で右手人さし指を骨折。さらにこの日になって勝利の方程式の一角、ハーマンが右手人さし指のけがで出場選手登録を外れた。今こそチーム一丸となり、故障者の穴を埋める戦いが求められる。(湯浅大)

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×