阪神が打線改造 捕手の梅野が2番 球団では矢野以来18年ぶり - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神が打線改造 捕手の梅野が2番 球団では矢野以来18年ぶり

更新

阪神-広島 スタメン=甲子園球場(撮影・水島啓輔)  (セ・リーグ、阪神-広島、15回戦、11日、甲子園)

<< 下に続く >>

 スタメンが発表され、阪神が打線を改造した。注目はプロ初の2番で先発する梅野隆太郎捕手(29)だ。捕手の2番は珍しく、阪神では矢野燿大監督(51)が現役時代の2002年6月28日横浜戦(大阪ドーム)以来、18年ぶりとなった。阪神の先発は次の通り。

 中堅・近本

 捕手・梅野

 二塁・糸原

 左翼・サンズ

 三塁・大山

 一塁・ボーア

 右翼・陽川

 遊撃・木浪

 投手・西勇

試合速報へプロ野球日程へ

PR

×