ソフトバンク・柳田「まじでマグレ」弾!15号V3ラン「芯詰まり」 - SANSPO.COM(サンスポ)

ソフトバンク・柳田「まじでマグレ」弾!15号V3ラン「芯詰まり」

更新

八回、柳田が右翼席へ決勝3ラン。想定外のコースでも対応した(撮影・村本聡)  (パ・リーグ、ソフトバンク4-1オリックス、10回戦、ソフトバンク9勝1敗、14日、ペイペイD)舞い上がった白球を見つめたまま、右拳を高々と突き上げた。打ってほしいときに打つからスーパースターだ。ソフトバンク・柳田が好投を続けていた山崎福の膝を折らせた。15号の決勝3ラン。チームを今季最長タイの5連勝に導いた。

<< 下に続く >>

 「“芯詰まり”くらい。芯なんですけど、詰まっていたので切れないかなと」

 1-1の八回2死一、二塁。4球続けて外を攻められ、カウント2-2と追い込まれた。想定していたコースとは逆の内角球。141キロをすくい上げると打球は右翼席ポール際の深くで弾んだ。

 「まじでマグレ」

 昨季は故障で38試合の出場にとどまり、今季は全試合出場を目標に掲げる。打率も・387で“2冠”を狙える位置。「(2冠は)意識していないですけど、チームのためにいい打撃ができたので、満足です」。守備の負担を減らすべく、DHで出場させてくれた首脳陣の期待に応えた。

 工藤監督は「あの球を打てるのは彼しかいないかな、と思えるぐらいの素晴らしい本塁打」と絶賛。チームは2005年に9連勝して以来の対オリックス7連勝。柳田を2番に据えるタクトも光っている。

 この日、ナイターで行われたウエスタン・広島戦(タマホーム筑後)ではデスパイネとグラシアルが今季初実戦を迎えた。戦力層はどんどん厚くなる。

 「まだまだシーズンは続くので、あたたかい視線、拍手をお願いします!」と柳田。3年ぶりのリーグ制覇へ視界良好だ。 (竹村岳)

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×