日本ハム・北浦、1死しか奪えず「投げるリズムが悪かった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

日本ハム・北浦、1死しか奪えず「投げるリズムが悪かった」

更新

先発の日本ハム・北浦=ZOZOマリンスタジアム (撮影・戸加里真司)  (パ・リーグ、ロッテ12-5日本ハム、10回戦、5勝5敗、14日、ゾゾマリン)日本ハムの北浦が先発で今季初登板し、1死しか奪えず6安打5失点でKOされた。制球が甘く、先頭打者から4連打を浴び、犠飛の後にさらに長短打を浴びて降板。「試合をつくることができず申し訳ない気持ち。投げるリズムが悪かった」と肩を落とした。

<< 下に続く >>

 2018年に栃木・白鴎大足利高からドラフト5位で入団して3年目の左投手。期待に応えられず「課題がたくさん見つかった。一つ一つクリアしていけるように、必死に練習したい」と話した。

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×