ソフトバンク・大竹、今季初先発 六回途中1失点「強い気持ちで攻めることができた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

ソフトバンク・大竹、今季初先発 六回途中1失点「強い気持ちで攻めることができた」

更新

先発のソフトバンク・大竹=ペイペイドーム(撮影・村本聡)  ソフトバンク・大竹耕太郎投手(25)が13日、オリックス戦(ペイペイドーム)で今季初先発。5回2/3を投げ1失点。勝利投手の権利を手に入れて、降板した。

<< 下に続く >>

 「先頭打者にホームランを打たれてしまいましたが、次の打者からはうまく頭を切り替えて投げることができました。野手の方がすぐに逆転してくれたので、強い気持ちで攻めることができたと思います。六回の先頭のフォアボールは反省しなければいけない」

 一回先頭、いきなり山足に先頭打者アーチ。ここから立ち直った。1死一塁からはT-岡田を投ゴロ併殺。四回2死二、三塁では若月を空振り三振に斬った。

 グラウンド整備を挟み、六回もマウンドへ。2死二塁でジョーンズを迎えたところで椎野にバトンタッチ。遊飛に抑えてようやく、笑顔になれた。「次の試合は、もう少し長いイニングを任されるような投球をしたい」。今季初勝利の権利を手に、ベンチからチームを応援した。

試合結果へプロ野球日程へ

PR

×