ヤクルトD4位・大西、プロ初先発で粘りの5回2失点!3者連続三振も - SANSPO.COM(サンスポ)

ヤクルトD4位・大西、プロ初先発で粘りの5回2失点!3者連続三振も

更新

ヤクルト先発の大西=神宮球場(撮影・岡田亮二)  ヤクルトのドラフト4位・大西広樹投手(22)=大商大=が5日、広島7回戦(神宮)でプロ初先発。5回87球を投げ7安打2失点で降板した。

<< 下に続く >>

 粘り強く投げた。一回、2死一、三塁から松山に先制の左前適時打を許したが後続は抑えて最少失点で切り抜ける。四回には7番・菊池涼から田中広、野村を3者連続空振り三振に抑え、本拠地に詰めかけた燕党を沸かせた。

 だが、1-1と同点の五回だ。先頭・西川に三塁内野安打を許すと、1死二塁から長野に適時二塁打を浴び、この回で降板した。プロ初勝利とはならなかったが、経験を次回に生かしていく。

試合結果へプロ野球日程へ

PR