阪神D1・西純、2軍戦に先発 3回3安打3失点 - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神D1・西純、2軍戦に先発 3回3安打3失点

更新

 阪神のドラフト1位・西純矢投手(18)=創志学園高=が31日、ウエスタン・オリックス戦(鳴尾浜)に先発し、3回3安打1四球3失点だった。

<< 下に続く >>

 一回、先頭の広沢に左越え二塁打。その後、1死一、二塁で杉本に外角の直球を右中間へ運ばれ、3ランを被弾した。

 それでも三回2死では前の打席で本塁打を許した杉本を変化球で3球三振に仕留めて、修正力を見せた。

 前回登板した21日の三菱重工神戸・高砂との練習試合(鳴尾浜)では、4回2/3を9安打5失点。7四死球と制球が乱れたこともあり、平田2軍監督は「(短いイニングで)ペース配分とかを考えたりしないように。彼にはやっぱり四球出そうがドーンと(全力で)いくことを求めているので」と3イニング程度での起用を話していた。

 登板前日に「イニングが減るので、どんどん最初のバッターから飛ばしていける」と意気込んでいた西純。初回こそ制球を乱したものの、二回以降は安定した投球で打者を抑えた。

PR