ヤクルトD2・吉田喜、投打で奮闘「経験して、成長して次につなげられたら」 - SANSPO.COM(サンスポ)

ヤクルトD2・吉田喜、投打で奮闘「経験して、成長して次につなげられたら」

更新

4回を終え、ベンチ前で笑顔を見せるヤクルト・吉田喜=神宮球場(撮影・長尾みなみ)  (セ・リーグ、ヤクルト5-5巨人=延長十回規定により引き分け、6回戦、ヤクルト3勝2敗1分、24日、神宮)ヤクルトのドラフト2位新人、吉田喜が投打で奮闘した。プロ初勝利こそならなかったが、5回2失点と粘った。四回に先頭打者の岡本に四球を与え、続く大城に2ランを浴びた点を反省し「経験して、成長して次につなげられたらいい」と気持ちを切り替えた。

<< 下に続く >>

 大阪・大冠高から日体大を経て入団。打席では二回1死二、三塁で外角変化球にちょこんと合わせて右翼線へプロ初安打となる2点適時打をマークした。「(コーチに)振れば何かあると言われた。しっかり初球から振ろうと決めていた」とはにかんだ。

試合結果へプロ野球日程へ

PR