広島D1・森下、初10K2勝!「しっかり投げ切ることができた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

広島D1・森下、初10K2勝!「しっかり投げ切ることができた」

更新

終了でナインを出迎える広島・森下暢仁 =甲子園球場(撮影・岡田茂)  (セ・リーグ、阪神2-4広島、5回戦、阪神3勝1敗1分、23日、甲子園)広島のD1位・森下(明大)がプロ初の2桁10三振を奪い2勝目。球団新人の2桁奪三振は2014年9月6日の大瀬良(対DeNA、10個)以来6年ぶりだ。コンディション不良による抹消を経て、中13日での登板。「気にすることなく入れた。しっかり投げ切ることができた」。一回に大山にプロ初被弾も、6回4安打2失点の快投だ。

<< 下に続く >>

 観客の前での初登板が甲子園となったが「チャンスになると雰囲気が変わる。満員になったときが楽しみ」と頼もしい。5戦ぶり勝利で最下位を1日で脱した佐々岡監督も「しっかり抑えて試合を作ってくれた」とたたえた。

試合結果へプロ野球日程へ

PR