阪神D3・及川、2軍戦で“プロ初先発”最速151キロも五回途中4失点で降板 - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神D3・及川、2軍戦で“プロ初先発”最速151キロも五回途中4失点で降板

更新

 阪神のドラフト3位・及川雅貴投手(19)=横浜高=が19日のウエスタン・広島戦(鳴尾浜)で“プロ初先発”。4回1/3を投げて7安打4失点。3奪三振、無四球で、直球は最速151キロだった。 

<< 下に続く >>

 一回は三者凡退に抑えたが、二回に6本の長短打で4点を奪われた。無死二、三塁のピンチ。1年目の昨季、1軍で結果を残した小園に甘いカーブを右前に運ばれる2点タイムリー。さらに2本の適時を浴びて2点を追加された。三回、四回は三者凡退で切り抜けたが、五回1死三塁とされたところで降板。変化球の精度に課題を残した。

 ここまでウエスタンで登板した2試合は、いずれも中継ぎだった。

PR