中日D5・岡林、プロ初打席は二ゴロ「特に緊張はしなかった」 - SANSPO.COM(サンスポ)

中日D5・岡林、プロ初打席は二ゴロ「特に緊張はしなかった」

更新

9回中日無死一塁、二ゴロに倒れる代打岡林=甲子園  中日のドラフト5位・岡林勇希外野手(18)=菰野高=が19日、阪神6回戦(甲子園)の九回無死1塁で代打として出場し、プロデビュー。結果は二ゴロだった。

<< 下に続く >>

 「特に緊張はしませんでした。いつも通りプレーしようと思い、打席に入りました」

 同期のD1位・石川昂(東邦高)が先発出場するなか、試合中は最前列で声を張り、先輩たちのプレーを目で見て勉強していた。菰野高時代に甲子園出場はかなわず、聖地でのプレーは今回が初。「イメージ通りの素晴らしい球場だなと思いました」と感慨深げだった。

 与田監督は「今日、こういう(劣勢の)展開になって一回、見てみましたけど、いいものは持っていますよ。足も速いですし」と評価。今後の起用については「これからチャンスがあったらどんどん使っていきたいと思います」と前向きに話した。

試合結果へプロ野球日程へ

PR