ヤクルト・村上、3安打で途中交代 高津監督「右の脚に張り。強制的に代えた」 - SANSPO.COM(サンスポ)

ヤクルト・村上、3安打で途中交代 高津監督「右の脚に張り。強制的に代えた」

更新

 (セ・リーグ、阪神6-4ヤクルト、6回戦、3勝3敗、16日、甲子園)ヤクルトの村上が3-0の五回に中前打を放ったところで退いた。高津監督は「右の脚に張りが出た。本人は出ますと言っていた(ので先発出場させた)が、強制的に代えた」と説明。3打数3安打と活躍した後の交代だったことから深刻な状況ではないようだ。

<< 下に続く >>

 ただ、代走からそのまま4番に入った広岡が六回と八回の好機で凡退し、チームは痛い逆転負けを喫した。主砲の存在の大きさを、負の意味で感じさせる試合となった。

試合結果へプロ野球日程へ

PR