巨人、本塁打攻勢で広島を圧倒!メルセデスは今シーズン初勝利 - SANSPO.COM(サンスポ)

巨人、本塁打攻勢で広島を圧倒!メルセデスは今シーズン初勝利

更新

7回、巨人・岡本の2ランホームランで迎えるパーラとウィーラーら=マツダスタジアム(撮影・榎本雅弘)  (セ・リーグ、広島4-9巨人、6回戦、巨人4勝1敗1分、16日、マツダ)巨人は大城、吉川、岡本の本塁打攻勢で広島を圧倒、4連勝で首位を守った。マツダスタジアムでの同一カード3連勝は9年ぶり。先発のメルセデスは6回2失点で今季初勝利を挙げた。

<< 下に続く >>

 巨人は一回1死一、三塁で、岡本の三ゴロの間に三走が生還して先制。続く大城が右中間席へ飛び込む1号2ランを放ち、この回3点を奪った。

 四回、メルセデスが広島・堂林に2ランを浴び1点差に迫られたが巨人は六回、吉川の左越え2点本塁打、七回には岡本の左越え2点本塁打と、一発攻勢で7-2。九回にも1死満塁から石川が右前2点適時打を放ち、駄目押しした。広島は七回に2点を返すのが精いっぱいだった。

試合結果へプロ野球日程へ

PR