8月1日以降の入場制限緩和は変更なし プロ野球オーナー会議 - SANSPO.COM(サンスポ)

8月1日以降の入場制限緩和は変更なし プロ野球オーナー会議

更新

プロ野球のオーナー会議を終え、オンラインで記者会見するDeNAの南場智子オーナー=13日  プロ野球のオーナー会議が13日、東京都内で開かれた。プロ野球は今月10日から有観客での試合を実施。8月1日以降の入場制限の緩和(収容率の50%)について、南場智子議長(DeNAオーナー)は会見で「今後も(新型コロナウイルス感染拡大の)動向を注視していこうと確認したが、スケジュール変更の議論はしていない」と説明した。

<< 下に続く >>

 また、2021年の公式戦日程について実行委員会での検討内容が報告され、開幕候補日を3月26日とすることを決定した。来夏に延期された東京五輪期間中は公式戦を中断し、今季中止となったオールスターゲームやセ・リーグが開催を見合わせたクライマックスシリーズは行った上で、1チーム143試合を実施する方向。南場議長は「例年なら(日程の)概要が定まっている時期。今後の(感染状況などの)動向をみて、変更がありうることは確認している」と語った。

 この日の会議は「ソーシャルディスタンスを保つことができる大きな会場が確保できた」(南場議長)と東京都内の施設で開かれ、12球団からはオーナー8人とオーナー代行4人らが参加。会議後に南場議長と斉藤惇コミッショナーが出席した会見は、オンラインで行われた。

プロ野球日程へ

PR