マー君は順調、4日連続キャッチボール - SANSPO.COM(サンスポ)

マー君は順調、4日連続キャッチボール

更新

 【ニューヨーク12日(日本時間13日)=竹濱江利子通信員】ヤンキースの田中将大投手(31)は、フィールドでキャッチボールなどで体を動かした。第2キャンプの初日に打球を頭部に受け「軽度の脳振とう」と診断を受けた右腕だが、9日(同10日)から4日連続でキャッチボールを行うなど経過は順調。ブーン監督によると、100フィート(約30メートル)まで距離を伸ばしているという。マウンドに上がっての投球再開のめどは立っていないが、11日(同12日)、自身のツイッターで「皆さんは気付いていたであろうか…。打球直撃の日、僕がワインドアップのモーション投げていたことを。。。」とつづり、ハッシュタグで、「試行錯誤」「11年ぶりのワインドアップ」(11年前はプロ野球楽天3年目)などと付け加えるなど復帰後の投球フォームにも注目だ。

PR