阪神・大山、均衡を破る先制打 「4番・三塁」5試合すべて安打 - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神・大山、均衡を破る先制打 「4番・三塁」5試合すべて安打

更新

六回、適時打を放つ阪神・大山悠輔 =甲子園球場(撮影・甘利慈)  (セ・リーグ、阪神-DeNA、6回戦、12日、甲子園)阪神・大山悠輔内野手(25)が均衡を破る先制打を放った。0-0の六回2死二塁。平良の内角よりの変化球をたたいて左前に運んだ。

<< 下に続く >>

 開幕のスタメン三塁はマルテだったが、7月4日の試合中、左ふくらはぎを痛めて、同11日に出場選手登録を抹消。大山は同5日から「4番・三塁」でスタメン出場しており、その5試合は、すべて安打を放っている。

試合結果へプロ野球日程へ

PR