中日D1位・石川昂が初の1軍昇格 今季の高卒新人最速デビューに期待 - SANSPO.COM(サンスポ)

中日D1位・石川昂が初の1軍昇格 今季の高卒新人最速デビューに期待

更新

一軍に合流した中日・石川昂=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)  中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(19)=東邦高=が12日、初の1軍昇格を果たした。

<< 下に続く >>

 前日11日の広島戦(ナゴヤドーム)で三塁手の高橋が走塁中に左足を痛め、「左ハムストリングスI度損傷」と診断を受けた。復帰までは3週間から1カ月を要する見込みとなった中で、背番号「2」にチャンスが与えられた。

 石川昂は今季、2軍の全9試合に「4番・三塁」として出場し、打率・258(31打数8安打)、3打点。7月2日のオリックス戦(ナゴヤ球場)では右翼へ第1号となる本塁打を放っている。1軍デビューとなれば今季の高卒新人では最速となる。

 この日はナゴヤドームに到着すると、グラウンドに姿を見せた先輩選手やスタッフ陣へあいさつに回り、早出練習にも参加。打撃練習では快音を響かせていた。

 このほか東邦高の先輩・藤嶋健人投手(22)も1軍昇格。11日の試合で精彩を欠いた鈴木博志投手(23)、三ツ間卓也投手(27)が登録を抹消された。

PR