阪神・藤浪、2軍戦5回無安打0封!抜け球なしのわずか64球 - SANSPO.COM(サンスポ)

阪神・藤浪、2軍戦5回無安打0封!抜け球なしのわずか64球

更新

5回無安打無失点と好投した藤浪。状態は確実に上がっている(撮影・水島啓輔)  2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(26)が5日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)に先発し、5回無安打無失点と快投した。6月3日のソフトバンク戦(鳴尾浜)で右胸の軽度の筋挫傷と診断されたが、この日、予定されていた5回を投げ切り、「故障者組」から外された。けがの影響を感じさせない投球を披露し、1軍昇格への準備は着々だ。

<< 下に続く >>

 右腕の躍動を称賛するかのように次第に雲は消え、お天道様が名古屋の空に顔を出した。藤浪が今季最長の5回をわずか64球で投げ切り、スコアボードに「0」を5つ刻んだ。

 「全体的によかったと思う。欲を言えば、もうちょっとスライダーがきれてほしいなというか。イメージとは違ったけど、悪くはなかった」

 圧巻だったのは三回1死で迎えた石橋の打席だ。2球続けて外角へ直球を投じ、2ストライクと追い込むと、最後も同じコースに146キロの直球をズドン! 3球で空振り三振に斬り、これまで抜け球が多く、苦戦してきた右打者を完璧に抑えた。

 5回無安打無失点、2四球。毎回の6奪三振に加え、四球以外では走者を出さず、二塁すら踏ませない内容だった。試合の序盤は最速151キロの直球で押し込み、四回以降は変化球の割合を増やして、打者に的を絞らせなかった。

 この投球に平田2軍監督は「完璧に近いよね。右打者へ抜けた球も一球もない。良いときの晋太郎(藤浪)に戻っているよ」と好評価。続けて「これで故障者(扱い)を外れたね。次は7~8回で100球くらいになるんじゃない」と明かした。予定通りにいけば、次は14日のウエスタン・オリックス戦(オセアン)での先発が濃厚だ。

 「ファームでこれぐらいしっかり抑えないと、1軍でも通用しないと思う。今日と同じようなピッチングを継続していけるように」

 手応えを感じつつも気を引き締めた藤浪。好投を続けて、いつ呼ばれてもいい状態に仕上げる。そして1軍の舞台で、必ず復活した姿を見せる。(織原祥平)

★1軍も選択肢、矢野監督期待

 1軍の矢野監督はマツダスタジアムでの広島戦後、「中身、内容は俺もちゃんと把握はできてないんだけど」とした上で「もちろん早く(1軍に)戻って本人も投げたいだろうし、しっかりした内容のピッチングがあればもちろん、こちらもね、上げようっていう選択肢は十分になってくると思う」とコメント。「まずはけがの対象(リハビリ組)から外れたっていうことと中身が伴ったということでね。続けてくれれば、本人がチャンスをつかんでいくことになるので。楽しみにしてます」と期待した。

★藤浪のここまで

 ◆3月26日 大阪府内でPCR検査を受け、伊藤隼、長坂とともに新型コロナウイルスに感染していることが判明。27日に大阪府内の病院に入院

 ◆4月7日 退院し、自宅待機に。23日に会見

 ◆24日 鳴尾浜での自主練習を再開

 ◆5月24日 甲子園で行われたシート打撃に登板。打者5人相手に無安打、4者連続奪三振

 ◆29日 28日の練習に遅刻したため、2軍に降格となったことを矢野監督が明かす

 ◆6月3日 2軍のソフトバンクとの練習試合(鳴尾浜)に登板も、右胸の張りを訴え、2回0/3で緊急降板。4日に兵庫県内の病院を受診し「右胸の軽度の筋挫傷」と診断される

 ◆12日 故障後初めてのブルペン入り

 ◆19日 日本生命との練習試合(鳴尾浜)で実戦復帰。1回1安打無失点で最速は153キロ

PR