ヤクルト・石川、四回途中KO 高津監督「彼なりに粘ったのだろうが」 - SANSPO.COM(サンスポ)

ヤクルト・石川、四回途中KO 高津監督「彼なりに粘ったのだろうが」

更新

四回、途中降板するヤクルト・石川=神宮球場(撮影・長尾みなみ)  (セ・リーグ、ヤクルト4-5DeNA、1回戦、DeNA1勝、3日、神宮)ヤクルトの石川が今季最短の四回途中でKOされた。先頭打者を毎回安打で出すなど9安打5失点。三回の攻撃で2-4から追い付いてなおも2死満塁の場面で代打を送られずにそのまま打席に立って続投したが、四回に佐野に勝ち越し打を許して降板した。

<< 下に続く >>

 四球も四つといいところがなく、高津監督は「彼なりに粘ったのだろうが今回は修正が効かなかった。仕方ない」と首を振った。最後まで立ち直ることができず「何とか白星を付けたい」との監督の思いに応えられなかった。

strong class="title01">西浦(三回に左越え適時二塁打)「追い込まれていたので、何とかしようとチェンジアップに必死に食らい付いた」

試合結果へプロ野球日程へ

PR