【スワローズフィルム(65)】5年目の育成左腕・ジュリアス、故障との闘い乗り越え目指すは再びの支配下登録 - SANSPO.COM(サンスポ)

【スワローズフィルム(65)】5年目の育成左腕・ジュリアス、故障との闘い乗り越え目指すは再びの支配下登録

更新

 全国のヤクルトファンに笑顔を-。ヤクルトの選手の表情や、必死に汗を流す姿をお届けする企画「スワローズフィルム」の第65回は、育成のジュリアス投手(23)です。1年目の2016年8月に左肘の骨棘(こつきょく)除去手術、2年目には左肘の靱帯(じんたい)再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けるなど、入団後は故障と闘い続けてきました。18年シーズンからは育成選手として再出発した左腕。昨季はイースタン・リーグで23試合に登板するなど経験は積んできているだけに、5年目の今季は再び支配下登録を勝ち取ることを目指します!

<< 下に続く >>


宮崎・西都キャンプでブルペン投球をするジュリアス投手。背中には「119」。再び支配下登録を勝ち取り、1軍のマウンドを目指します(撮影・蔵賢斗)


宮崎・西都キャンプでブルペン投球をするジュリアス投手。左腕はチームにとっては貴重な存在なだけに、期待がかかります(撮影・蔵賢斗)


宮崎・西都キャンプで笑顔を見せるジュリアス投手。明るい性格の“愛されキャラ”です(撮影・山田俊介)


宮崎・西都キャンプでウオーミングアップ中に声を出すジュリアス投手。後輩に負けじと元気な声でチームを盛り上げます(撮影・山田俊介)


宮崎・西都キャンプでノックを受けるジュリアス投手。数々の故障を経験しましたが、前を向き、目標に向かって突き進みます(撮影・山田俊介)


宮崎・西都キャンプでベースランニングをするジュリアス投手。優しい笑顔が光ります(撮影・蔵賢斗)

PR