日本ハム・中田が先制打 「うまく振りぬくことができました」 - SANSPO.COM(サンスポ)

日本ハム・中田が先制打 「うまく振りぬくことができました」

更新

1回 先制の適時打を放ち、1塁へ向かう日本ハム・中田=千葉・ZOZOマリンスタジアム (撮影・戸加里真司)  日本ハム・中田翔内野手(31)が2日、練習試合のロッテ戦(ZOZOマリン)で、一回1死一、二塁から先制の中前適時打を放った。

<< 下に続く >>

 「4番・一塁」でスタメン出場し、ロッテ先発の種市から幸先のよい一打をたたき出し、「久しぶりの打席で相手投手の球を見たので、まだ見慣れないですけど、うまく振り抜くことができました」と振り返った。

 オープン戦は13試合出場で打率・344、3本塁打、9打点と好調だった。3月22日に行われた練習試合の西武戦(メットライフ)以来の実戦。「早く感覚を取り戻せるよう頑張ります」と話しながら、変わらぬ打棒を発揮した。

PR