【コロナ打ち破れ!各界から猛虎にエール】島田一の介、笑って勝たなきゃダメよダメよダメなのよ! - SANSPO.COM(サンスポ)

【コロナ打ち破れ!各界から猛虎にエール】島田一の介、笑って勝たなきゃダメよダメよダメなのよ!

更新

一の介は虎党歴50年。愛するタイガースに熱いエールを送った(撮影・甘利慈)  新型コロナウイルス感染者が出た阪神へ、各界からエールを届ける「コロナ打ち破れ!」。第7回は、虎党歴50年で吉本新喜劇のベテラン座員、島田一の介(68)が登場。1985年の優勝を知る古参ファンは、長打力アップを理由に優勝を期待。親交のある秋山拓巳投手(28)にもエールを送った。優勝しなきゃダメよダメよダメなのよ! (随時掲載)

<< 下に続く >>

 緊急事態宣言が出ることになりまして、先が見えない状況ですね。スポーツ界も大変な時期。でも、世の中が元気になるには、スポーツを見せないと。僕は阪神が勝利したらうれしい。喜怒哀楽がスポーツにはある。早く始まるように期待しているんですけど、こればっかりはいつになるのか…。

 高校を卒業して、地元の愛媛・宇和島から出てきたときからの阪神ファンです。かれこれ50年になります。やっぱり1985年の優勝を決めた瞬間は印象的です。ピッチャーは中西(清起)だったかな。リーグ優勝は21年ぶりで、38年ぶりの日本一にもなりましたから、それはそれはうれしかったですね。僕は尼崎に住んでいましたから、街もすごく盛り上がっていましたね。

 2003年に優勝したときは、僕が経営するスナック「ベル」(尼崎市内)で3日間、飲み放題でタダにしたんです。だけど、お客さんも気を使ってなんぼか置いていくんですね。今年優勝したら? ひょっとしたらやるかもしれないです。

 今年は打線が打てば、ホンマに優勝できると思いますわ。ボーアとサンズの2人が打てば…。バースみたいになってくれればね。なんせホームランが少ないですよね。そりゃあ甲子園は出にくいというのはあるけど、ここというときにホームランを打ってほしいです。

 チャンスに弱いというのもありますが、それも気持ち次第でしょう。こういう状況になって多分試合数が少なくなるからね。一試合一試合、気持ちを込めて頑張ってもらいたい。僕が甲子園に行ったら負けると言われるから年に4、5試合くらいしか行かない。それも黙って行くんです。負けたら余計言われるから。

 なんばグランド花月も1カ月以上休館になっています。自宅にいるのも苦痛ですよ。大体、1カ月のうち3週は出番があったのですけど、3月は生配信の5日くらいしか働いていない。「ベル」も先週から休みにしています。若手座員がアルバイトしていることもあって、もし感染したら大変ですからね。仕事はさせてやりたいんですけど。

 「ベル」には秋山(拓巳)くんも来てくれます。去年、シーズン前に「阪神、何位だと思います?」と言われて「3位」と答えたら、その通りになった。今年もキャンプ前に「今年は何位だと思います?」と聞かれたから「3位くらいちゃう?」とは言うたけど、これは頑張らなアカンよ、一番頑張らなアカンのは自分やでという意味を込めてです。去年は4勝。チームを優勝させるためには、10勝以上は挙げなアカンよ。いい意味で、僕の予想を覆してほしいです。

 スローガンの「It’s 勝笑 Time! オレがヤル」に「笑」が入っているように、笑いも入れてベンチの雰囲気をいつも明るくしといてほしい。チーム一丸となって優勝を目指してほしいです!

★1985年の阪神

 吉田監督第2次政権の1年目。岡田、掛布、バース、真弓、平田らを擁した強力打線は「ニューダイナマイト打線」と呼ばれ、チームで219本塁打を記録。投手陣もゲイル、中田、池田に守護神・中西らが奮闘。8月までは巨人、広島と三つどもえだったが、9月に入ると13勝5敗1分けとラストスパート。10月16日のヤクルト戦(神宮)で5-5と引き分けて、1964年以来21年ぶりのリーグ優勝を決めた。日本一は1リーグ制の47年以来だった。

★イチロー氏と親交、球拾いも

 一の介はイチロー氏(46)=米大リーグ・マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター=と親交がある。現役時代には自主トレの球拾いをしたことも。「ずっこいんですわ。僕がレフトを守っていると、流して狙い打ちしてくる。凡フライかなと思ってもめっちゃ伸びてくるから、それでバンザイしてしまうと、めっちゃ笑ってるんです」と振り返った。

 新喜劇好きというイチロー氏は何度も劇場に来ていたそうで「初めてお会いしたときに、楽屋に来てくれて『おじゃましまっす~』って向こうからものまねをやってくれた」とエピソードを明かした。

★吉本新喜劇60周年DVD発売

 吉本新喜劇は昨年60周年を迎え、ワールドツアーを開催。その模様を収録した「吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうしたDVD-BOX」(よしもとミュージック、税抜き1万1400円)を3月25日に発売した。昨年9月になんばグランド花月で行われた日本での千秋楽3公演を3巻に収録。BOX購入者には特典ディスク付きで販売している。

島田 一の介(しまだ・いちのすけ)

 本名・楠正泰(くすのき・まさやす)。1951(昭和26)年5月8日、愛媛・宇和島市出身の68歳。71年に島田洋之介・今喜多代に入門。島田洋七とコンビを結成するが、ほどなく解散し、73年に吉本新喜劇に入団。得意ギャグは「おじゃましまっす~」「ダメよダメよダメなのよ」。174センチ。

PR